スマホ老眼の症状・対策

今、問題の「スマホ老眼」対策なび

スマホ老眼対策なび

歩きスマホが問題になっていますよね。
それほど、最近はスマホに依存している人が増えています。
電車に乗りながらスマホを触っている、人との食事中にもスマホを見る人も多いという時代になっています。

 

スマホがあれば、電話やメールなどの連絡手段はもちろん、SNSや動画など、多機能のために利便性が高いです。
しかし、そんなスマホに依存するあまり、『スマホ老眼』という目のトラブルが増えていると言います。
アナタの目は、大丈夫ですか?

 

スマホ老眼ってなに?

スマホ老眼

スマホ老眼という病名はありませんが、症状としては現代病と言えます。
スマホを触っている時間が累計すると長い人が多い時代です。

仕事で使うこともありますが、プライベートでも頻繁に利用しますよね。これひとつであらゆる機能があり、連絡もとれますしゲームができるなど、多機能性が最大のメリットで便利なアイテムとなっています。

 

時計代わりにしている方も多いと思いますが、そのスマホを触ることが多い人ほど、目に不調は起こりやすくなります。

 

一般的に老眼というのは、40代以降の方に起こりやすい症状で、簡単に言うと目の老化現象です。近くのものが見えにくく、遠くのものが見えやすいというのが主な症状です。

 

たとえば、新聞や本を読むときに顔を近づけて読もうとしても、細かい文字が見えない状態です。ところが、距離を少し離すと文字を読み取れることができます。近年は老眼になる年齢層も低年齢化していると言います。

 

そして、スマホが普及したことによって老眼と同様のトラブルを抱える若者が増え、スマホ老眼という言葉が広まっています。スマホを毎日長時間使い続けている人は要注意の状態です。

 

スマホを手放せないのは分かりますが、あまり頻繁に使う生活は見直すべきでしょう。

 

スマホ老眼の症状

スマホ老眼は、「若年性老眼」と同じです。
主な症状は加齢による老眼とほぼ同じです。

  1. 近くのものが見えにくくなるという症状です。
  2. 反対に、見ようとしているものを離してみると見えやすくなります。
  3. 焦点が合いづらいという症状もあります。
  4. 新聞や本などの文字を読むときに少し話した方が見えやすいのが症状です。

 

とくに小さい文字が見えにくくなります。
さらに、その小さい文字を見ようとするあまりに目が疲れて、肩などに負担をかけ、頭痛や肩こり、首のこりなどの症状が出ることもあります。

 

もちろん、新聞などに限らず、資料に目を通すときやパソコンを使うときも同様です。学生の場合は、教科書や辞書などを読んでいるときに目に負担がかかりやすくなります。

 

老眼は一般的に40歳以上から起こる老化現象とされているため、20代、30代の人は「まさか自分が」と思われるかもしれません。

 

ところが、現在はスマホやパソコンなどが普及したことにより、若い人の老眼の症状が問題になっています。他人事ではありませんので、今一度生活を見直してみてください。

 

もしも、近いものが身ににくい、遠いものが見えやすいという症状が出たときには、スマホ老眼や若年性老眼と思うべきでしょう。

 

スマホ老眼の個本的な原因とは?

スマホ老眼対策なび

日ごろからスマホに依存していませんか。
電車に乗っているとき、ご飯を食べているとき、友人と過ごしているときでも所かまわずスマホを触っていることが多く、老眼の症状が出ている状態をスマホ老眼と言います。

 

スマホさえあれば、電話やメールはもちろん、SNSやゲームなどあらゆる機能が搭載されているため、時間を忘れて使うことが多いと思います。その生活が、目に負担をかけてしまっています。

 

私たちの目には、レンズとなる「水晶体」があります。

 

この水晶体は近くのもの、遠くのものを見るときにピントを調節する機能があります。

 

ものを見るために重要な役目を担っている部分です。

 

水晶体の厚さは毛様体筋という筋肉によって変えられるのですが、筋肉が衰えるほど水晶体も柔軟性が低下して老眼と言える症状が出てきます。

 

スマホなどで負担をかけている人は、一般的な老眼よりも症状の進行も早いと言われています。
現在、スマホは生きるために必須のアイテムになっていますが、あまりに頻繁に使うことはおすすめできません。

 

もちろん、スマホに限らず、パソコンやゲームなどで目に負担をかけ続けていると、若年性老眼になってしまいます。
生活に支障をきたしてしまうので、若年性老眼もといスマホ老眼は対策するべき目のトラブルです。

 

スマホ老眼対策のポイント

スマホ老眼は予め対策できる目のトラブルです。
ここでは対策のポイントを紹介いたしますので、スマホ対策にお役立てください。

画面から40センチほど距離を離す

スマホ老眼対策なび

スマホを使うときに、画面に目を近づけすぎている人が多いえす。
目への負担を軽減するためには、画面から40センチほど距離を離した状態が理想的です。
ただ最初は意識的に離していても見入っていくうちに画面に近づいてしまいがちになるので注意しましょう。

こまめに休憩する

スマホ老眼対策なび

ずーっとスマホを使っているだけ目は働いている状態なので疲れやすくなってしまいます。
30分に1回は5分休憩をはさむ、できたら15分に1回は休憩するなど、休憩をはさんで目への負担を減らしてください。

まばたきをする

スマホ老眼対策なび

スマホに限ったことではありませんが、見ることに集中していると自然とまばたきの回数が減ってしまいます。
まばたきは目を潤すための機能であることから、ドライアイを誘発してしまいます。
意識的にまばたらきを行い、ドライアイを解消しましょう。
また、まばたきをするこで毛様体筋などの目に関わる筋肉のストレッチになり、ピントを合わせやすくなります。

睡眠時間を確保する

スマホ老眼対策なび

目の疲労を回復させるには睡眠がポイントになります。
寝ている間にダメージを受けた細胞が修復されます。とくに、午後10時から午前2時くらいまでの間に成長ホルモンの分泌が活性化します。この時間に寝ていた方がいいので、きちんと睡眠時間を確保して、しっかりと眠りましょう。

 

スマホ老眼・目の不調にオススメのサプリメント

目のトラブルが深刻になっている現代。充血や疲れ目、眼精疲労、そしてスマホ老眼と、何らかの目の不調を抱えている人は少なくない世の中になっています。

 

そんな目を労わる手軽な方法として、サプリメントが選ばれています。人気のサプリメントをピックアップしました。

 

目の健康を見直したい方はぜひ、参考にしてください!

 

スマホ老眼

めなりの特徴

「きなり」などで有名なさくらの森のサプリメントです。
めなり2粒で、目の有効成分と言われる「アントシアニン、ルテイン、ゼアキサンチン」などを摂ることができます。
さらに新成分として、クロセチンやアスタキサンチンも配合されていて、ビタミンやミネラルなど目に良い栄養成分がしっかり摂れる内容になっています。
1日分でルテインは12mg、ゼアキサンチンは2.4mg、ビルベリーは170mgも配合されています。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 初回907円(毎月300名限定)2回目以降2,980円

スマホ老眼

えんきん(ファンケル)の特徴

テレビコマーシャルでおなじみ、ファンケルの「えんきん」は、目に良い成分がたっぷり配合されています。
ルテイン10mg、アスタキサンチン4mg、DHA50mg!
手元のピント調節機能をサポートしながら、目の疲労からくる肩や首の疲れを和らげる効果に期待できます。

価格 2,160円
評価 評価4.5
備考

スマホ老眼

ルテイン&ゼアキサンチン(アサヒディアナチュラ)の特徴

アサヒディアナチュラの機能性表示食品であるルテイン&ゼアキサンチンは、ルテインを10mg、ゼアキサンチンを2mg配合しているサプリメントです。
目の黄斑色素量を維持する働きがあって、ブルーライト対策やコントラスト感度の改善などに役立ちます。

価格 1,300円
評価 評価4
備考

スマホ老眼

ロートV5粒の特徴

ロートV5粒は、網膜に働きかけるルテインを10mgも配合されています。
その他にゼアキサンチンも配合されていて、目の見る力をサポート。
1日1粒で、手軽に目に良い成分を補給できます。また、大手のロート製薬が販売している安心感も人気のポイント。

価格 1,800円
評価 評価3.5
備考

 

人気のサプリメントを比較してみた!

目のトラブル対策のためにサプリメントを活用している人が増えています。
最近はスマホやパソコンなどが普及したことも受けて目を酷使している人が増え、そのために目のトラブルが増加傾向にあり、防ぐためにとサプリメントが利用されています。

 

そこで、人気のサプリメント2品を比較してみました。

 

商品名 えんきん めなり
販売元 ファンケル さくらの森
価格 2,160円 2,980円
内容量 60粒(1か月分) 60粒(1か月分)
摂取目安 1日2粒 1日2粒
配合成分 ルテイン10mg、北欧産ブルーベリー×黒酢大豆由来アントシアニン2.3mg、アスタキサンチン4mg、DHA50mg 特許取得ビルベリー170mg、ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mg、他にもアスタキサンチンやクロセチン、βカロテン、ビタミン群、ミネラル

スマホ老眼

まずひとつは、テレビコマーシャルでもおなじみのファンケルの「えんきん」です。えんきんは北欧産ブルーベリーに黒酢大豆由来のアントシアニンなどを使用しています。

 

内容成分を見てみると、ルテイン10mg、北欧産ブルーベリー×黒酢大豆由来アントシアニン2.3mg、アスタキサンチン4mg、DHA50mg配合しています。1袋60粒入りで2,160円で販売しています。1日2粒が目安になっており、1日分に換算すると約72円ほどです。

 

えんきんはこちらから

 

もうひとつが、さくらの森が販売する「めなり」です。

 

スマホ老眼

めなりでは、特許取得ビルベリー170mgをメインに、ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mg、他にもアスタキサンチンやクロセチン、βカロテン、ビタミン群、ミネラルを配合しています。ビルベリーとルテインを同時に摂取できることでルテインの吸収率がアップするなどのメリットがあります。

 

1袋あたり60粒入りで、通常価格は2,980円。1日分にすると約107円ほどです。

 

比較してみると、コストパフォーマンスでは「えんきん」に軍配があがります。が、「めなり」は15日間の返金保証が付いています。有効成分で比較したときは、内容の充実性やルテインの量的にみると、めなりが優秀です。

 

どちらが良いか、と聞かれると、どちらとも言えません。両方ともメリットがあり、体質によっても効果には個人差があります。自分に合っているものを選ぶことが大切になります。

 

ちなみにどちらもキャンペーン実施中でお得にお試しいただけるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。えんきんなら通販限定で税込1,000円、めなりはいつでも休止・解約OKの定期コースで初回は907円になります。

 

めなりはこちらから

スマホ老眼対策なび最新記事一覧

ルテインの効果
アントシアニンに並び、目に良い成分として注目を集めているのが「ルテイン」という成分です。スマホやパソコンが普及し、目を酷使している方、注目です!スマホを長時間使う人が増え、今やスマホ老眼と呼ばれる若年...
ブルーライトとは
最近よく聞く「ブルーライト」青色の発光ダイオードのことでノーベル賞も受け、省エネの光として評価されています。省エネということもあり、家庭の照明をはじめ、さまざまな分野で使われています。パソコンやスマホ...
カロテノイドの効果
カロテノイドには、さまざまな種類があります。たとえば、ほうれん草に含まれる「ルテイン」、トマトに含まれる「リコピン」、トウガラシに含まれる「カプサイシン」、カボチャには「α-カロテン」、にんじんには「...
緑内障とは
目の病気の中でも、ある種有名なのが緑内障です。緑内障は眼圧が上昇することによって視神経に障害が起こるトラブルです。自覚症状がほぼなくある程度進行してからでないと、分かりやすい症状は出ません。悪化したと...
飛蚊症とは
飛蚊症(ひぶんしょう)を抱えている人は少なくないと言います。これは、まるで虫が飛んでいるように視界に不快なものが入り込む症状です。症状にはいくつかパターンがあり、黒線が浮かんでいる黒い点々が浮かんでい...
白内障とは
水晶体には、タンパク質が存在します。そのタンパク質である「クリスタリンタンパク」の異常変質によって起こる目のトラブルが、白内障です。白内障になると、目の中のレンズの役目を果たす水晶体が濁り、目にみえる...
ドライアイとは
ドライアイは簡単に言ってしまうと、目が極端に乾いている状態です。目は涙成分によって潤いを保ち、目を保護しています。ところが涙が不足してしまうと、目の表面が傷つきやすくなり、目のかすみや疲れなどの症状が...
眼精疲労とは
眼精疲労に悩んでいる現代人は多いと言います。単なる疲れ目と軽く考えてはなりません。とても深刻な目のトラブルです。ドライアイになると目に痛みを感じることもあります。その他に、やけに光がまぶしく感じたり目...
近視とは
日本人の多くが悩む視力のトラブルが「近視」です。以前から国内では視力低下が目立っていましたが、最近はスマホが普及したことなども受けて、視力の問題が深刻になっているようです。とくに、子供の近視についてで...
網膜剥離とは
網膜剥離(もうまくはくり)とは、老化または打撲や糖尿病などによって網膜の内側の層が剥がれ、そこから水が浸入して網膜が硝子体の中に浮いた状態のことを言います。初期状態では、目の中が光ったり、飛蚊症や視野...