カロテノイドの効果

カロテノイドの効果

カロテノイドの効果

カロテノイドには、さまざまな種類があります。
たとえば、ほうれん草に含まれる「ルテイン」、トマトに含まれる「リコピン」、トウガラシに含まれる「カプサイシン」、カボチャには「α-カロテン」、にんじんには「βカロテン」、かきには「ゼアキサンチン」、サフランには「クロセチン」というカロテノイドが含まれています。

 

中でも、ルテインについては目に良い成分として知られています。もともとルテインは目の網膜に存在し、βカロテンも同じくらいの濃度で皮膚に含まれています。カロテノイドには、脂質過酸化の抑制や皮膚弾性効果などがあると言われています。

 

また、マリーゴールドから抽出したルテインの経口補給・局所塗布の臨床試験によると、皮膚の弾性が向上したり、光防護活性を高めるなどの効果が報告されていて、まとめると皮膚の健康維持や美肌効果に期待できます。

 

さらに、カロテノイドやビタミンを豊富に撮っている人は、あまり摂取しない人に比べると、心筋梗塞や狭心症の発症率が低くなることが分かっています。

 

以上のように、カロテノイド類は目だけでなく、全身に良いことが分かります。