ビルベリーエキスの効果

ビルベリーエキスの効果

ビルベリーエキスの効果

ドライアイや疲れ目、眼精疲労、スマホ老眼など、あらゆる目のトラブル対策や改善に効くと注目を集めているのが、「ビルベリーエキス」です。

 

ビルベリーはブルーベリーの仲間です。昔からブルーベリーが目に良いと言われていますが、仕組みはほぼ同じです。ビルベリーに含まれる天然色素でありポリフェノールの「アントシアニン」が、眼精疲労や老眼などのあらゆる目のトラブルの予防や改善に働きかけます。

 

ブルーベリーよりもそのアントシアニン量が豊富なことから、近年はビルベリーエキスが注目されています。

 

人は光を網膜で感じるために「ロドプシン」という物質が必要になりますが、この物質は通常体内で作られています。ところが、加齢とともにその合成力が落ちてしまい、ロドプシンが足りなくなります。それを防ぐのが、ビルベリーエキスです。

 

ビルベリーエキスに含まれるアントシアニンがロドプシンの合成をサポートするため、目の疲労回復や視力の低下の緩和などに役立つとされています。

 

また、ロドプシンは分解されたあと再合成されるのですが、目を酷使するごとに再合成も追いつかなくなります。その結果、ドライアイやスマホ老眼などのトラブルを招くため、ロドプシンの合成を助けるアントシアニンは、目のトラブルの対策になります。

 

さらにアントシアニンはコラーゲンを増やして傷の修復を助けたり、筋肉を和らげたり、血液をサラサラにするなど、全身におけるトラブル対策になります。なお、ポリフェノールですから抗酸化作用にも優れていて、眼精疲労や視力の回復、網膜機能の回復、白内障予防などにも働きかける目にとって万能な成分です。

 

ビルベリーは目の網膜を光から守る働きもあって、網膜組織の細胞死や視力の衰えを抑えることができます。

 

他にも、光のストレスからビルベリーは目を守り、加齢黄斑変性の対策になります。

 

このようにさまざまな働きを持つことから、ビルベリーは目のトラブル対策・改善に効果が期待されている今注目の成分です。

 

ビルベリーエキスの科学的根拠について

ビルベリーエキスの効果

 

目のトラブルに効くと、ビルベリーエキスは話題になっていますが、科学的、医学的根拠はあるのでしょうか?そこで調べてみた結果、結論から言うと臨床結果で効果があったことが分かっています。

 

糖尿病による網膜症や高血圧に寄る網膜症、白内障、スマホ老眼、ドライアイ、眼精疲労、老眼などの目のトラブルを抱えている人に、アントシアニン36%のサプリメントを3ヶ月摂取してもらった結果、ほとんどのケースで効果があったと言います。

 

ビルベリーのアントシアニンは、アントシアニジンと糖が結合したものでデルフィニジンやシアニジンを多く含んでいて、抗酸化力に優れているのが特徴です。ビルベリーエキスの持つ抗酸化作用を得るためには、野菜に換算すると1日350グラムも必要になるそうです。

 

ちなみに、ブルーベリーと比較すると、アントシアニン量はビルベリーは2〜3倍も多く含んでいると言います。臨床試験の結果もあることから、期待できるのではないでしょうか。

 

また、アントシアニンは余計な活性酸素を排除して生活習慣の対策になったり、高血圧予防などに有効とされています。その他に、女性の悩みである月経困難症の対策にもなるとのことです。

 

1976年にはイタリアで医薬品として承認されており、アントシアニンは世界的に注目を集めています。

 

ビルベリーエキスを摂るならサプリメントで!

ビルベリーエキスの効果

 

目のトラブル対策・改善をビルベリーエキスでしていくためには、いかにビルベリーエキスを補給するかが重要になります。ビルベリーはブルーベリーのようにそのまま食べることができますが、とくにブルーベリーのような味わいもありません。そして、一般的に多く出回っていないため、ビルベリーエキスを摂るなら、サプリメントがオススメです。

 

ビルベリーエキスを配合したサプリメントを利用することによって、ビルベリーをそのまま食べるよりも効率よくアントシアニンなど有効成分を補うことができます。また、食後に摂取するとよりアントシアニンが吸収されやすくなります。摂取したアントシアニンは1〜3時間ほどで全身をめぐり、24時間後には体外に排出されるので、こまめに補給することをおすすめします。

 

たとえば、サプリメントが1日3粒なら一度に3粒飲むよりも朝・昼・晩に分けて飲むと効果的です。また、サプリメントの栄養成分をより吸収しやすくするためには、水や白湯で飲むようにしましょう。カフェインなどを含む飲み物で摂取すると、せっかくの成分の吸収が悪くなるので気を付けましょう。