ブルーライトとは

ブルーライトとは

ブルーライトとは

最近よく聞く「ブルーライト」
青色の発光ダイオードのことでノーベル賞も受け、省エネの光として評価されています。
省エネということもあり、家庭の照明をはじめ、さまざまな分野で使われています。
パソコンやスマホ、ゲーム機の液晶画面にもLEDがバックライトとして使われていて、ブルーライトが発生しています。

 

ブルーライトは目で青に見えるわけではなく、普通の光として感じます。
ところがこのブルーライトにもデメリットがあります。
ブルーライトは紫外線と同じように目に刺激を与えてしまい、網膜に障害を起こしたり、視力低下や目のトラブルの原因になると言われています。

 

常に、また長時間にわたってブルーライトを浴びていると、目にダメージを与えてしまうので注意が必要です。
青い光は目で見ることができないので知らずのうちに浴びてしまっている可能性があるので注意しましょう。

 

たとえば、パソコンの明るさを調整したり、作業する場合は30分に1回は休息をとるようにすること。
また、ブルーライト対策のメガネなどを活用すること。

 

まばたきを意識的に増やしたり、体内からのケアとしてルテインやアントシアニンなどが摂れるサプリメントを利用することもブルーライト対策になります。