ルテインの効果

ルテインの効果

ルテインの効果

アントシアニンに並び、目に良い成分として注目を集めているのが「ルテイン」という成分です。
スマホやパソコンが普及し、目を酷使している方、注目です!

 

スマホを長時間使う人が増え、今やスマホ老眼と呼ばれる若年性の老眼が問題になっています。その他にも、ドライアイや眼精疲労など目のトラブルの原因になります。

 

目は光を通して吸収することにより視覚情報が脳に伝達される仕組みになっています。この過程で、角膜から光が入るのですが、それが水晶体で屈折して硝子体を通り、網膜に届きます。黒目の部分が外部からの光を入れる役目を果たしていて、水晶体はいわゆるレンズの働きを担っています。

 

網膜はフィルムの役割があり、光感受性の細胞でできています。このように正常に保たれて目の健康は維持できます。しかし、水晶体の厚みを調整する目の周りの筋肉が疲れると「眼精疲労」を起こし、水晶体の調節機能が衰えると「老眼」に、涙が不十分になると「ドライアイ」を起こします。そして、スマホを使い過ぎている現代人は、年齢問わず老眼と同様の症状があらわれます。これをスマホ老眼と言います。

 

網膜は老化現象で黄斑部変性症になることもあり、加齢によってさまざまなトラブルが起こります。

 

さて、ルテインという成分ですが、水晶体や黄斑部にもともと存在しているカロテノイドなのです。このルテインは青色の光を吸収して、光でダメージを受けた組織を抗酸化力を発揮して修復します。簡単に言うと、有害な光を防ぐ役割を果たすために必要不可欠なのです。

 

ルテイン不足になると、ブルーライトなどの光が目にダメージを与えてしまうので、ルテインを補給することは目の健康維持になります。

 

ドライアイやガン背披露、スマホ老眼など、あらゆる目のトラブルの症状対策、改善に効果が期待できます。

 

とくにルテインは生成される量には限りがあるので、しっかりと補うことで、目の病気対策になります。加齢で起こるという加齢黄斑変性症などの発症も遅らせることができるとのことです。ルテインは緑黄色野菜などにも含まれている身近な成分なので、意識してルテインを摂ってみませんか。

 

ルテインの科学的根拠とは

ルテインの効果

 

アメリカでは加齢黄斑変性症による失明が多いと言います。そのアメリカでは多くの研究がおこなわれていて、目の組織に存在するルテインやゼアキサンチンの影響について調べられているそうです。とあるときに比較試験が行われました。

 

ひとつのグループには1年間ルテインとゼアキサンチンを摂取してもらい、もう一方のグループではプラセボとして有効性のないものを飲んでもらったそうです。その結果、ルテインとゼアキサンチンを摂取していたグループの方が、黄斑色素密度の上昇とコントラスト感度が改善されたことが分かっています。

 

他にも研究が行われていて、加齢黄斑変性症の患者さんを対象に、ルテインとゼアキサンチンのサプリメントを摂取したグループは、加齢黄斑変性症の進行具合に変化が出たと言います。2年目から大体10%ほどの進行の遅れが確認され、7年目には25%の進行率の減少が見られたとのことです。

 

網膜は再生できな組織であるため、異変が起きたときには早期治療で悪化を防ぐことがポイントになります。したがって、ルテインの以上の変化については有効な働きと言えます。

 

ルテインやゼアキサンチンは眼組織のさまざまな部分に含まれているため、常に補給することによって目のトラブル対策および進行を食い止める働きに期待できます。摂取して損はありません。むしろ摂取しないことに損はあるでしょう。

 

ルテインを効果的に摂る方法

ルテインの効果

 

現代人は目のトラブルに悩む人が増えています。スマホ老眼という言葉も生まれ、若年性老眼の人が増加傾向にあります。日ごろからスマホやパソコンを使う機会が多い人は、もともとあるルテインも減りやすく、ブルーライトを受けている状態なので補給していくべき成分です。

 

最近の液晶は鮮やかになっていますが、その反面、目に与えるダメージも大きいと言われています。結果的にドライアイや眼精疲労、スマホ老眼を招いてしまうので、ルテインは十分に摂取しておきましょう。

 

ちなみに1日のルテインの摂取目安は6mgから10mgほどです。日ごろから使われることを考えると、10〜20mgを目安に摂るとよいでしょう。

 

効率よくルテインを摂るなら、サプリメントがあります。ルテイン配合のサプリメントを利用していくことで、毎日手軽にしっかりとルテインを補えます。

 

また、ルテインは緑黄色野菜に含まれているので、野菜をたくさん食べる習慣もおすすめです。