緑内障とは

緑内障とは

緑内障とは

目の病気の中でも、ある種有名なのが緑内障です。
緑内障は眼圧が上昇することによって視神経に障害が起こるトラブルです。
自覚症状がほぼなくある程度進行してからでないと、分かりやすい症状は出ません。
悪化したときに、頭痛や吐き気などの症状があらわれ、重症化すると失明の恐れもあるとして有名です。

 

とくに近視の方や偏頭痛のある方、高齢者に多いとされていますが、遺伝も一要因となっています。
もともと目が悪く、身内に緑内障の人がいるときには注意が必要です。
症状としては視野が欠けるなどもあるため、異変を感じたら念のため眼科医で診察を受けましょう。

 

対策としては、ストレスを溜めないことや血流を良くすることなどがあります。
また、ビタミンCやビタミンEなどの目に必要なビタミン類をしっかりと摂り、眼圧を上げるカフェインを含む飲み物は控えるなども対策になります。