飛蚊症とは

飛蚊症とは

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)を抱えている人は少なくないと言います。
これは、まるで虫が飛んでいるように視界に不快なものが入り込む症状です。
症状にはいくつかパターンがあり、

  • 黒線が浮かんでいる
  • 黒い点々が浮かんでいる
  • 白い線が浮かんでいる

などの見え方がします。
明るい場所でほど症状があらわれやすく、目を動かしても、その不快なものがついてきます。

 

飛蚊症の主な原因は外部刺激、「紫外線」とされています。
外部からの光尾を網膜にうつし、視覚情報が脳に伝達して物を見ることができるのですが、その際に紫外線も目に入ります。
すると、硝子体の中に活性酸素が発生し、硝子体の組織が酸化してしまいます。
すると、黒い線や白い線、黒い点などが浮かんで見えるようになります。

 

紫外線が主な原因であるため、紫外線対策=飛蚊症対策になります。
肌に日焼け止めクリームを塗るように目には塗ることができませんので、サングラスなどで対策しましょう。
また、他の要因でも飛蚊症は起こります。硝子体の組織の酸化も要因になるので、パソコンやスマホを使う時間もなるべく減らし、抗酸化成分を食事で摂りいれるなどがポイントになります。